旭川市で産業廃棄物処理・リサイクルをするなら【株式会社旭川環境リサイクル】

0166-85-6688

営業時間 営業時間 8:30~17:00/日曜日・祝日定休

事業内容

  1. ホーム
  2. 事業内容

たかがゴミ、されどゴミ
正しい処理で有価物へと昇華する

旭川環境リサイクルでは、事業所から排出した産業廃棄物・特別産業廃棄物・医療廃棄物を適切な方法で、収集、運搬、処分しております。
農家さんから出るハウス解体時のゴミやポリ袋等の廃プラスチック類、カーディーラーや車屋から出るバンパー、ヘッドライト、オイル関係、塗装屋さんから出るペンキの缶、医療施設から出る中注射器など、さまざまな廃棄物の回収・運搬・処分をトータルで受け付けております。
会社の経費削減、地球温暖化抑制、持続可能な社会の実現のために、無料相談を承っておりますので、ご興味ある方はお問い合わせください。

産業廃棄物収集運搬業Industrial Waste Collection And Transportation Business

事業活動によって生じた廃棄物で法令によって定められているもの

産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じる廃棄物のうち、廃棄物処理法で規定された「燃えがら」「汚泥」「廃油」「廃酸」「廃アルカリ」「廃プラスチック」「ゴムくず」「金属くず」「ガラス・コンクリート・陶磁器くず」「鉱さい」「がれき類」「ばいじん」「紙くず」「木くず」「繊維くず」「動植物性残さ」「動物系固形不要物」「動物のふん尿」「動物の死体」と「これらの産業廃棄物を処分するために処理したもの」の20種類の廃棄物のことです。
特に「廃プラスチック」は海洋汚染の一因と見なされ、諸外国で「廃プラスチック」は回収効率化、分離技術開発や再利用先の拡大などが進められております。
産業廃棄物の収集、運搬にお困りの方、会社の経費を削減したい方など、お気軽にお問い合わせください。

特別管理産業廃棄物収集運搬業Specially Controlled Industrial Waste Collection And Transportation Business

産業廃棄物のうち、人体や生活環境に被害を生じる恐れがあるもの

特別管理産業廃棄物とは、「廃油」「廃酸・廃アルカリ」「感染性産業廃棄物」「廃PCB」「廃石綿」「廃水銀」など、爆発性、毒性、感染性、その他の人の健康や生活環境に被害を与える恐れがある性状を有し、他の廃棄物と区分して取扱わなければならない廃棄物です。
血液の付着した注射針、メス、採血管など感染性病原体を含むか、その恐れのある医療廃棄物も特別管理産業廃棄物に含まれます。
産業廃棄物の中でも特に繊細に取り扱う必要があり、旭川環境リサイクルでは、経験年数の長いスタッフが、細心の注意を払って、丁寧に収集、運搬いたします。

産業廃棄物処分業Industrial Waste Disposal Business

産業廃棄物を減らし、再生可能資源を増やす

各地から収集、運搬した産業廃棄物は、「中間処理」と呼ばれる分別、粉砕、脱水、焼却・中和をして、産業廃棄物の量を減らしたり、再利用可能な資源に変える作業を行い、そこで残った産業廃棄物は土に埋める、海に投棄といった「最終処分」を行います。
最終処分を行うことができる土地には限りがあります。
旭川環境リサイクルでは、「中間処理の段階で産業廃棄物の量を可能な限り減らす」ことを目標として、さまざまな手段を用いて処分いたします。

Handling Items取り扱い品目(一例)

排出される廃棄物を適切に収集・運搬・処理し、循環型社会の構築を目指しています。

廃プラスチック
金属くず
廃油
引火性廃油
廃酸
強酸
廃アルカリ
強アルカリ
木くず・木片
ガラス・陶磁器くず

Flow To Processing処理までの流れ

お客様のご要望に親身に対応しリサイクル率の高いご提案

廃棄物の処理について多くのお客様からご質問をいただいております。
旭川環境リサイクルでは、お客様のご質問やご相談に対して、親身にお伺いし、お客様にとって負担の少ない最適なリサイクル案をご提案いたします。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

詳しく見る